女性の多くは年齢を重ねるにつれて、頬のたるみが目立って悩む傾向にあるといわれています。そんな悩みを解消できるとして、近年、梅田のクリニックではアンカレッジという美容整形が人気です。これは、簡単に言うと、頬にとける糸を埋め込んでたるみを引き上げる施術です。そもそもアンカレッジは、イタリアのメーカーが開発した一方向を向いている細かいトゲ付きの糸を使うのが特徴です。

この糸を皮膚内に挿入すると、トゲが自然に開いて頬の皮膚組織に食い込でいきます。それから、挿入した糸を少しずつ引き上げることで、頬のたるみがリフトアップできるというわけです。美容整形の手順だけを聞くと、痛みがあるのではと不安に感じる人は多いです。しかし、梅田のクリニックでは、施術の際に必ず部分麻酔を施します。

また、糸を皮膚に挿入するだけで、施術では皮膚を切開する必要がないです。そのため、それほど痛みを感じずに、短時間で施術が終わります。身体的な負担も少ないので、誰もが気軽に受けることができる美容整形です。ただ、梅田のクリニックで施術を受ける際は、ちゃんとダウンタイムの期間を考慮に入れる必要があります。

というのも、針の挿入部位、糸を埋め込んだ部位に軽い腫れ、内出血が出る恐れがあるからです。内出血が落ち着くまでに、少なくとも一週間くらいかかります。メイクでカバーすることもできますが、仕事をしている方は念のため休みの日の前に施術をするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です